クローズアップ現代+「旭川いじめ」教頭の発言が酷い!頭おかしくなっちゃったんですか?

クローズアップ現代+「旭川いじめ」教頭の発言が酷い!頭おかしくなっちゃったんですか?

2021年11月9日。放送されたNHKの番組「クローズアップ現代+」で旭川いじめ(旭川女子中学生凍死事件)が報道され、教頭の発言が酷すぎると話題になっています。

なんでも、廣瀬爽彩(さあや)さんが通っていた旭川市立北星中学校の教頭は、爽彩さんの母親に対して

「頭おかしくなっちゃったんですか?」

などと、教師とは思えない発言の数々をしていたというのです。

そこで今回は、クローズアップ現代で報道された「旭川いじめ」事件の教頭の発言について、くわしくまとめました。

目次

クローズアップ現代「旭川いじめ」教頭の発言が酷すぎると話題に

11月9日。クローズアップ現代+にて「旭川いじめ」事件が報道され、教頭の発言が酷すぎると話題になっています。

廣瀬爽彩(さあや)さんが通っていた中学校の教頭の発言は、以前からおかしいと言われていました。

しかし、11月9日のクローズアップ現代+の放送後、再び教頭の発言に注目が集まっているようですね。

クローズアップ現代+の「旭川いじめ」で報道された教頭の酷い発言とは、いったいどのようなものなのでしょうか?

クローズアップ現代+「旭川いじめ」教頭の発言が酷い!

クローズアップ現代+で報道された「旭川いじめ」事件。そのなかで放送された教頭の発言は、あまりにも酷い内容です。

娘が「いじめにあっているのでは?」と心配になり、必死に学校に助けを求めた廣瀬爽彩(さあや)さんの母親。

しかし教頭は

  • 10人の加害者の未来と、1人の被害者の未来、どっちが大切ですか。10人ですよ。
  • 単なる悪ふざけ、いたずらの延長
  • 頭おかしくなっちゃったんですか?
  • (クラスメイトが自分の猥褻画像を持っていても)僕なら(学校に行くのは)怖くないですよ

などなど。

とても教師とは思えないような発言をしているのです。

10人の加害者の未来と、1人の被害者の未来どっちが大切ですか

「旭川いじめ」の教頭は「10人の加害者の未来と、1人の被害者の未来どっちが大切ですか」などと、人の命を比較するようなトンデモ発言をしています。

「10人の加害者の未来と、1人の被害者の未来、どっちが大切ですか。10人ですよ。1人のために10人の未来をつぶしていいんですか。どっちが将来の日本のためになりますか。もう一度、冷静に考えてみてください」

この発言は、廣瀬爽彩(さあや)さんの母親が記録していた教頭の発言です。とても教師の発言とは思えませんよね。

単なる悪ふざけ、いたずらの延長

旭川いじめの教頭は、いじめがあくまで「単なる悪ふざけ、いたずらの延長」と廣瀬爽彩(さあや)さんの母親に説明。

「悪ふざけがすぎただけで、悪意や悪気はなかったんです」

猥褻な行為を強要したり、猥褻な画像を撮影しばら撒くことが単なる悪ふざけで片付けらてしまうなんて、とても許せることではありませんよね。

納得できなかった爽彩さんの母親は、教頭の対応に怒りを感じたそうですが、まるで取り合ってくれなかったとか。

しかし「じゃあお母さんは、どうしたいんですか?」というのを何度も何度も言われました。「どうしてほしいんですか?」って。それでもう泣くことしかできなくて。

それを繰り返す中で、(教頭から)「加害者にも未来があるんです。これは単なる悪ふざけ、いたずらの延長だったんだから、もうこれ以上、何を望んでいるんですか?」ということをずっと繰り返し言われました。

引用:NHK

猥褻な画像が出回っているのに、悪ふざけで、いたずらの延長だったから仕方ない。で済ませようとするのは、明らかにおかしな発言ですよね。

なぜここまでして「いじめ」を隠蔽しようとしているのでしょうか。

頭おかしくなっちゃったんですか?

旭川いじめの教頭は、廣瀬爽彩(さあや)さんの母親に対して「頭あおかしくなっちゃったんですか?」などとあまりにも酷すぎる発言もしていたようです。

いじめは「単なる悪ふざけで、いたずらの延長」と主張する教頭に対し、爽彩さんの母親は「じゃあ、娘の記憶を消してください」と発言

すると教頭は

「頭おかしくなっちゃったんですか? 病院に行ったほうがいいですよ」

などと言い放ったと言うのです。

これは、あまりにも酷すぎる発言ですよね。

教師としてはもちろん、人としてどうなの?と突っ込まれても言い返せないような発言です。

僕なら怖くないです

旭川いじめの教頭は「僕なら怖くないです」「僕は男性なので、その気持ちは分かりません」などの発言もしていたようです。

教頭に

「誰がその画像を持っているか分からない。みんなが持っているかもしれない状況では、この学校にはとても怖くて通えないと思う」と言いました。

すると「怖くないです。僕なら怖くないですよ」

「僕は男性なので、その気持ちは分かりません」と言われました。

引用:NHK

当時の廣瀬爽彩(さあや)さんの気持ちは誰にも分かりません。

ただ、自分の猥褻な画像を学校のみんなが持っているかもしれない状況だったら、学校へ行くのが怖いと思って当然ですよね。

生徒や生徒の母親の気持ちすら考えようとせず、「自分なら怖くない」「男性だから気持ちは分かりません」などと発言できる感覚。教師として、人としてとても理解できません。

このような人物が中学校の教頭という立場にいることは、明らかにおかしいですよね。

NHK「クローズアップ現代+」旭川いじめ事件の見逃し配信

NHK「クローズアップ現代+」旭川いじめ事件の見逃し配信は、2021年11月16日まで配信されています。

「クローズアップ現代+」で報道されている内容のほとんどは、過去にメディアなどで報道されている内容です。

ただ、今回大きく取り上げられたことで、より多くの人が「旭川いじめ」事件について知ったのではないでしょうか。

クローズアップ現代+「旭川いじめ」教頭の発言に対する世間の声

クローズアップ現代+で報道された「旭川いじめ」事件の教頭の発言に対する世間の声を見てみましょう。

世間からは、旭川いじめ事件の教頭を擁護するような声は一切出ていません。

誰が見ても明らかにおかしいと感じる「旭川いじめ」事件の教頭の発言。

また教頭の発言だけでなく、当時の校長や担任の発言や行動。学校だけでなく、旭川市自体がいじめを隠蔽しようとしている動きは明らかに不自然です。

加害者が裁かれないのもおかしなはなしですよね。

被害者の廣瀬爽彩(さあや)さんは生前、さまざまなカタチでSOSを発信し、いじめを受けていることを告白していました。

にも関わらず、いまだに事件の全貌が明らかにならない、旭川いじめ(旭川女子中学生凍死事件)。

遺族が納得できるカタチで事件が解決する日は来るのでしょうか。

▶️【動画】廣瀬爽彩がなあぼうに相談凸!生音声動画

クローズアップ現代+「旭川いじめ」教頭の発言まとめ

今回は「クローズアップ現代+「旭川いじめ」教頭の発言が酷い!頭おかしくなっちゃったんですか?」として、クローズアップ現代+で報道された、旭川いじめ事件の教頭の発言についてまとめました。

クローズアップ現代+で報道された、旭川いじめの教頭の発言は

  • 10人の加害者の未来と、1人の被害者の未来、どっちが大切ですか。10人ですよ。
  • 単なる悪ふざけ、いたずらの延長
  • 頭おかしくなっちゃったんですか?
  • 僕なら(学校に行くのは)怖くないですよ

というもの。

教頭の発言は、あまりにも酷すぎる内容ですよね。

さらに、この発言をしている教頭が、現在も旭川市立北星中学校の教頭を務めているという事実。

現在学校に通っている生徒や、保護者、職員はどう感じているのでしょうか。

今後、旭川市や第三者委員会はどうのように対応していくのかが非常に気になりますね。

あわせて読みたい
旭川いじめ|教頭(中山岳)は現在も教師!今も北星中学校に教頭として勤務 旭川いじめ凍死事件で亡くなった廣瀬爽彩さんが通っていた、旭川市立北星中学校(Y中学校)の教頭である中山岳先生。その中山岳教頭が現在何をしているのか詳しく調べました。
あわせて読みたい
旭川市立北星中学校のいじめ隠蔽まとめ!ウッペツ川飛び込みの原因は悪ふざけ! 旭川市立北星中学校の、いじめ隠蔽についてまとめました。廣瀬爽彩(ひろせさあや)さんがウッペツ川に飛び込んだ事件について、旭川市立北星中学校は原因はいじめではなく悪ふざけと主張しているようです。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次