ゴーカート事故イベント主催者はトヨタ!函館地区の4社と新千歳モーターランドが運営

ゴーカート事故イベント主催者はトヨタ!函館地区の4社と新千歳モーターランドが運営

ゴーカート事故のイベント主催者に注目が集まっています。

2022年9月18日。北海道茅部郡森町赤井川のホテル「グリーンピア大沼」にて、11歳の女の子が運転するゴーカートが観客席に突っ込み、2歳の男の子・吉田成那ちゃんが亡くなったゴーカート事故。

事故直後の報道では主催者のトヨタについては報道されず、事故を起こした11歳少女の過失が強調されていました。

ただ、世間からは主催者に問題があるのでは?などの声が上がっています。

そこで今回は、ゴーカート事故の主催者についてまとめました。

目次

ゴーカート事故のイベント主催者が報道されないと話題に

ゴーカート事故の主催者が報道されないとネットで話題になっています。

ゴーカート事故 どうして主催者を報道しないのか

引用:Twitter

確実に主催者側が原因の事故だし、このまま逃げるのには無理ありすぎる

テレビは報道しないんだろうな…

引用:Twitter

北海道・森町のゴーカート事故。痛ましすぎる。運転していた11歳の女の子のケアも必要。一方で、主催がトヨタ系の販売会社であると報じるマスコミが少ないのは違和感。主催者・主催名の記載なき報道って普通ない。

引用:Twitter

事故直後にハッキリと報道されなかったイベントの主催者とは、いったい何者なのでしょうか?

ゴーカート事故イベント主催者はトヨタ!函館地区の4社

ゴーカート事故の主催者はトヨタの函館地区の販売店4社です。

事故が起きた直後、メディアではあくまで「主催者」や「主催者側」などで濁しトヨタの名前を出していませんでした。

しかし、9月20日の午後に主催者のトヨタ販売店4社がホームページに謝罪文を掲載。

北海道森町でゴーカートが観客にツッコミ、2歳の男児が死亡した事故でイベントを共催したトヨタ自動車の関連会社4社が20日、それぞれの公式ホームページ(HP)に謝罪文を掲載した。

引用:スポニチ

主催者であったトヨタ側が謝罪したことにより、ハッキリと報道できるようになったものと思われます。

では、くわしく見ていきましょう。

ゴーカート事故イベント主催者は函館地区のトヨタ販売店4社

ゴーカート事故の主催者は函館地区のトヨタ販売店4社です。

  • 函館トヨタ自動車株式会社
  • 函館トヨペット株式会社
  • トヨタカローラ函館株式会社
  • ネッツトヨタ函館株式会社

事故が起きたイベントは函館地区のトヨタ販売店が合同で行ったようですね。

ゴーカート事故のイベント主催者・トヨタ販売店4社の謝罪全文

ゴーカート事故の主催者であるトヨタ販売店4社の謝罪全文はこちら。

9月20日の午後、各社がそれぞれ自社ホームページにて謝罪文を掲載しています。

ゴーカート事故のイベント主催者・トヨタ販売店4社の謝罪全文|函館トヨタ
出典:函館トヨタ
ゴーカート事故のイベント主催者・トヨタ販売店4社の謝罪全文|函館トヨペット
出典:函館トヨペット
ゴーカート事故のイベント主催者・トヨタ販売店4社の謝罪全文|トヨタカローラ函館
出典:トヨタカローラ函館
ゴーカート事故のイベント主催者・トヨタ販売店4社の謝罪全文|ネッツトヨタ函館
出典:ネッツトヨタ函館

この度の函館地区オールトヨタクルマファンフェス2022で発生しました事故に関しまして

2022.9.20

 弊社を含む函館地区のトヨタ販売店4社(函館トヨタ自動車株式会社、函館トヨペット株式会社、トヨタカローラ函館株式会社、ネッツトヨタ函館株式会社)が合同で主催し、令和4年9月18日(日)、グリーンピア大沼(北海道茅部郡森町赤井川229)において開催致しました、お客様向けイベント「函館地区オールトヨタ・クルマファンFES2022」において、ご来場されたお子様がお亡くなりになる、重大な事故が発生致しました。
 
 今回の重大事故により、お亡くなりになられましたお子様のご冥福をお祈り申し上げますとともに、ご遺族に対し心よりお悔やみ申し上げます。加えて、被害に遭われましたお子様、ご家族、関係者の皆様に、心より深くお詫び申し上げます。

 発生致しました事故に関する原因究明につきましては、現在、警察による捜査が行われており、主催者をはじめ、運営会社も含めた全面的な協力を行ってまいります。

 自動車に関わる販売会社にとって、何よりも優先されるべきは安全であり、安心して来場されたお客様に対して、このような重大な事故を発生させるようなことは、決してあってはならないことであります。今回の事故が発生するに至った背景について、イベント運営体制を詳しく振り返り、二度とこのような事故を起こさないために、何が安全対策として足りていなかったのか、しっかりと見つめ直してまいります。
 
 改めまして、ご来場頂いた多くのお客様をはじめ、地域の皆様、関係者の皆様には、多大なるご迷惑とご心配をお掛けしておりますことを、心から深くお詫び申し上げます。

内容は4社ともほぼ同じコピペ文章で、社名と代表取締役社長の部分だけが変わっています。

ゴーカート事故の主催者トヨタ4社はイベント告知にも記載

ゴーカート事故の主催者トヨタ販売店4社の名前は、イベント告知にもしっかりと記載されていました。

ゴーカート事故が起きたイベント「函館地区オールトヨタ・クルマファンFES2022」の告知画像

この「函館地区オールトヨタ・クルマファンFES2022」の告知画像を見ても、主催者がトヨタであることは明白です。

にも関わらず、トヨタ側が謝罪するまでハッキリと報道されなかったという事実。

一部では「忖度」などの声も上がっていましたが、そう言われてしまうのも無理はありません。

ゴーカート事故イベント主催者はトヨタで運営は「新千歳モーターランド」

ゴーカート事故が起きたイベント主催者はトヨタですが、運営は北海道千歳市の「新千歳モーターランド」が行っていたようです。

ゴーカート事故イベント「新千歳モーターランド」はコース設営とカーと貸し出し

ゴーカート事故が起きたイベントでは、「新千歳モーターランド」はコース設営とカートの貸し出しを行っていたようです。

森町赤井川のホテル「グリーンピア大沼」の駐車場に設営されたというコースは、素人からは簡易的なもので事故などの対策を一切していないように見えますよね。

事故直後の報道では、運営スタッフとして「グリーンピア大沼」がインタビューに答えていました。

【事故】ゴーカートがコース外に突っ込み2歳男児死亡 “予期せぬ事態”に対策は…

「新千歳モーターランド」のインタビューでは、あくまで11歳の少女に問題があるかのように語っている点が気になります。

予期せぬ事故としていますが、直線コースの先に観客席があることや、時速60kmものスピードが出るというゴーカート用のコースが、駐車場にカラーコーンを置いただけというのも不思議ですよね。

主催者側はもちろん、コース設営にも大きな問題があったことは否定できません。

ゴーカート事故イベント運営の「新千歳モーターランド」謝罪文

ゴーカート事故が起きたイベントで設営とカート貸し出すなどの運営を行なった「新千歳モーターランド」の謝罪文はこちら。

ゴーカート事故イベント運営の「新千歳モーターランド」謝罪文
出典:新千歳モーターランド

新千歳モーターランド

有限会社アクトコーポレーション

代表取締役九谷田 定彦

この度の事故に関して

トヨタ販売店4社(函館トヨタ株式会社、函館トヨペット株式会社、トヨタカローラ函館株式会社、ネッツトヨタ函館株式会社)が合同で主催し、令和4年9月18日(日)、グリーンピア大沼(北海道茅部郡森町赤井川229)において開催致しました、お客様向けイベント「函館地区オールトヨタ・クルマファンFES2022」において、ご来場されたお子様がお亡くなりになる、重大な事故が発生致しました。

今回の重大事故により、お亡くなりになられましたお子様のご冥福をお祈り申し上げますとともに、ご遺族に対し心よりお悔やみ申し上げます。加えて、被害に合われましたお子様、ご家族、関係者の皆様に、心より深くお詫び申し上げます。

発生致しました事故に関する原因究明につきましては、現在、警察による捜査が行われており、主催者をはじめ、運営会社も含めた全面的な協力を行ってまいります。

弊社が機材提供及びオペレーションを依頼されておりました案件で、何よりも優先されるべきは安全が損なわれ、安心して来場されたお客様に対して、このような重大な事故を発生させるようなことは、決してあってはならないことであります。今回の事故が発生するに至った背景について、イベント運営体制を詳しく振り返り、二度とこのような事故を起こさないために、何が安全対策として足りていなかったのか、しっかりと見つめ直してまいります。

「新千歳モーターランド」が謝罪文を掲載したのは、函館地区のトヨタ販売店4社がホームページに謝罪文を掲載したのとほぼ同じタイミング。

主催者である函館地区のトヨタ4社と、運営をした新千歳モーターランド。今後、両者がどのように責任を取るのでしょうか。

ゴーカート事故のイベント主催者はトヨタ!世間の声

ゴーカート事故のイベント主催者はトヨタであることに対して、世間からはさまざまな声が上がっています。

特に事故直後、「トヨタ」の名前をメディアが報道しなかった事に対して疑問の声が多く上がっているようですね。

主催者がトヨタって報道しないマスコミの忖度に闇を感じる…😐💦

引用:Twitter

これゴーカートじゃなくてレーシングカートだよ😠 カラーコーンなんかで制止できるようなかわいいもんじゃないのに~ 主催者の責任なのに主催者が「トヨタ」だとは どのニュースも報じないの。忖度?

引用:Twitter

ゴーカート事故。函館トヨタの担当者も新千歳モーターランドも、11歳の子が悪いみたいな物言い。凄い嫌だな。 いろんな対策あったよね?

ヒューマンエラー。まして小学生。それを補うのが安全対策なんだよ。最悪に最悪が重なっても大丈夫。みたいなのが安全対策なんだよ。

いやまぁ乗せちゃ駄目だよ。

引用:Twitter

ゴーカートの事故、トヨタのイベントか…一切書いてない所を見ると忖度があったようだな地味に。

あと運転してた女児叩いてるヤク中共、アレな、ゴリゴリのマジモンのカートだ。F1レーサーがジュニア時代に乗ってたような。それをシロウトに運転させてたって時点で わ か る よ な ?

引用:Twitter

当然免許を持っていない11歳に時速40km出るゴーカートを運転させりゃ事故しても不思議じゃないし、カラーコーンだけの仕切りは安全対策の不備。明らかに主催者に非がある。大人のせいで子供の命が失われるの本当にやるせない。

引用:Twitter

北海道のゴーカート事故、運営のコメントがイライラする。

安全対策もロクに出来ないで、2歳の子の命を失わせて11歳の子に重い十字架背負わせてトヨタ何やってるの? 言い訳ばっか!

これで安全対策しっかりしてたって言ってるけど片腹痛いわ

引用:Twitter

北海道のゴーカート事故、明らかに設営に問題ありでしょ。一番長いストレートの先に人がいるなんて殺意しかないやん。普通に考えたらロングストレートの横で見物させるべきだと思うが。何より主催者の「アクセル踏みっぱなしなのが事故の原因」みたいな釈明が腹立つわ。

引用:Twitter

北海道の、トヨタ主催のゴーカートイベント事故。亡くなった2歳の子はもちろん、加害者となってしまった11歳の子も被害者。係員同乗とかもしくは運転手に全て委ねるならリミッターとかできる事はなかったのかと思う。あと、トヨタの名前が報道されないのも不思議。

引用:Twitter

40km/hも出るのってゴーカートなん? それを免許無い11歳に運転させ、コースはカラーコーンで作ってるような状態ってヤバすぎないかこれ 函館トヨペットに過失ありまくりだろ

引用:Twitter

ゴーカートの事故のやつ、時速40キロ出る原動機付きのマシンの運転を小学生に任せてる時点であたおかというか脳内おめでたすぎる。それで観客とコースもロクに分けず運営とは、主催者は送検されるレベルの話。操作方法も把握しきれないまま見切り出発させられた11歳女児は被害者。

引用:Twitter

【まとめ】ゴーカート事故イベント主催者はトヨタで運営は新千歳モーターランド

今回は「ゴーカート事故イベント主催者はトヨタ!函館地区の4社と新千歳モーターランドが運営」として、北海道茅部郡森町赤井川のグリーンピア大沼のイベント「函館地区オールトヨタ・クルマファンFES2022」で起きたゴーカート事故の主催者についてまとめました。

ゴーカート事故イベント主催者は函館地区のトヨタ販売店4社で、運営は新千歳モーターランドです。

「函館地区オールトヨタ・クルマファンFES2022」告知には主催者がトヨタであることがハッキリ記載されているにも関わらず、事件直後の報道では一切トヨタの名が報道されませんでした。

ハッキリとした理由は分からないものの、「忖度では?」などの声が上がるのも仕方なさそうです。

2歳の幼い命が亡くなった痛ましいゴーカート事故。

主催者であるトヨタ側や、コース設営などの運営を行なった新千歳モーターランドはどこまで責任を負うのでしょうか。

また11歳の少女の責任がどうなるのかも気になりますね。

あわせて読みたい
新千歳モーターランドの誓約書が怖い!画像内容全文!事故の責任は全て加害者女児の親に? 新千歳モーターズの誓約書の画像や内容全文についてまとめました。北海道森町で起きたゴーカート事故で、コース設営や運営を行なっていた新千歳モーターズの誓約書はかなり怖い内容です。今回のゴーカート事故を起こした11歳女児が誓約書に記入しているかは分かっていませんが、記入していた場合11歳女児の親に事故の責任がかかる可能性も。
あわせて読みたい
ゴーカート事故11歳少女の名前や顔画像特定情報まとめ!爆サイや5chに実名投稿か 北海道森町イベント会場で起きたゴーカート事故の11歳少女の名前や顔画像特定情報についてまとめました。匿名掲示板の爆サイや5chで名前が特定されていると話題ですがハッキリ特定できる情報はありません。ただ函館近辺在住でイベントでゴーカートに乗った小6の11歳という情報から、地元エリアでは既に特定されている可能性が高そうです。
あわせて読みたい
ゴーカート事故の瞬間動画は?直後の現場の様子がヤバすぎる!北海道森町 ゴーカート事故の瞬間の動画に注目が集まっています。 2022年9月18日。北海道森町のグリーンピア大沼のイベントにて、11歳の少女が運転するゴーカートが観客席に突っ込...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次