ドラマ極主夫道が改悪すぎるとファン激怒!なぜ子供がいて一軒家なの?

2020年10月11日から放送がスタートした、大人気コミック原作の新ドラマ極主夫道。放送前から「面白そう」「改悪」などど言われていた問題作。1話目放送終了後、さまざまな意見が乱れ飛び交っています。

放送終了後にはツイッターでは「極主夫道」ではなく「極道主夫」でトレンド入り!実際にドラマを見た人たちの感想も気になりますよね。そこでドラマを見た原作ファンの感想、また改悪と言われている原作とは違う設定などについてまとめました。

ドラマ極主夫道が改悪すぎるとファン激怒!

原作が大人気コミックスである極道主夫。極主夫道の原作を愛するファンにとって、今回のドラマ化は「改悪」過ぎるようです

https://twitter.com/manma_ruuu/status/1315334094708830208?ref_src=twsrc%5Etfw

原作ファンが違う、設定が改悪された部分とはいったいどこなのでしょうか?

目次

ドラマ極主夫道が改悪すぎる!なぜ子供がいて一軒家なの?

ドラマ極主夫道にはなぜか娘(向日葵)が存在している

**。しかし、ドラマではなぜか娘(向日葵)がいるのです。しかもミクの連れ子という設定。うーん、ちょっと無理があるのでは?

https://twitter.com/apple53742/status/1315484293120942080?ref_src=twsrc%5Etfw

実際に原作では、子供がいないからこその2人のやり取りや、生活感があり、それが面白かったのですよね。原作ファンであるわたし自身も、この設定には嫌な予感しかしませんでした。

そしてドラマを見た感想も、微妙。この設定を追加する必要はあったのだろうか?と思ってしまいます。向日葵を演じる、白鳥玉季ちゃんはとっても可愛らしいのですけどね。

ドラマ極主夫道ではなぜか一軒家に住んでいる

極主夫道の原作では、龍さんと美久が小さくて年季の入ったアパートに住んでいるという設定です。生活感にあふれた感じと、雑多ながら整理してある小さなアパートの一室、あの雰囲気がたまらなく良かった

しかし、ドラマで龍さんと美久が住んでいるのは、アパートの一室ではなく一軒家。子供がいる設定なので、一軒家にしたのかもしれませんね。原作にある、生活感があふれる雑多だけど整えてある部屋の雰囲気はかなり再現されていると思います。ただ、どうしても違和感があるのですよね。

ドラマ極主夫道は配役や年齢設定に無理がある

原作でもドラマでも、極主夫道の主人公である龍は38才という設定。その龍を演じる玉木宏さんは現在40才。年齢的にも近いですし、無理のない設定です。

龍の妻である美久の年齢は28才、その美久を演じる川口春奈さんは現在25才。28才と25才の差はたった3才なので、その点では問題ないように感じます。ただ、40才の玉木宏さんと25才の川口春奈が夫婦の設定は違和感を感じますよね。

さらに美久の連れ子である向日葵は小学生という設定。向日葵の年齢は定かではありませんが、演じる白鳥玉季は現在10才です。25才である川口春奈さんの子供が10才というのは、見た目的にもちょっと無理があるように感じますね。

ドラマ極主夫道には原作にはない暴力的なシーンが多い

原作の極主夫道はほのぼのとした日常を描く、とても心穏やかに読める作品。しかし、ドラマの極主夫道にはなぜか暴力的なシーンがたくさんあります

主人公の龍が元伝説のヤクザということで、暴力的なシーンを追加したのでしょうか?なぜかは分かりませんが、極主夫道の原作のファンが求めているのは龍と美久のほのぼのとした日常生活です。暴力的なものは一切求めていないのですよね。これはただただ、残念としか言いようがありません。

ドラマ極道主夫は配役が良いだけに残念感がハンパない

極主夫道の原作ファンにとって、色々と残念な点が多い今回のドラマ。しかし、配役はかなりハマっている部分もあります。役者さんたちもかなり豪華ですよね。しかしそれがまた残念な結果に。

人気のマンガや小説は、キャスティングがとても大事です。しかし、どんなにキャスティングが良くても、原作の良い部分を台無しにしてしまっては元も子もありません。ドラマ極主夫道は配役が良いだけに、設定の改悪がさらに際立ってしまったようです。

ドラマ極主夫道が改悪過ぎる!でも面白いって本当?

極主夫道の原作コミックは背伸びしない面白さが人気ですが、数々の改悪によって原作ファンの怒りをかってしまいました。

しかしドラマ極主夫道の放送後は「面白い!」と話題になっています

https://twitter.com/fe2b_s6n8o7w/status/1315483290837479424?ref_src=twsrc%5Etfw

極主夫道はドラマ放映前からかなり話題になっていましたし、実写化化を楽しみにしていた声も多かった作品。ドラマ極主夫道は「改悪」「ひどすぎる」と言われる一方で、面白いの声も多いのです

ドラマ極主夫道は新たなファン獲得に成功!まさかの「極道主夫」でトレンド入り

https://twitter.com/cocoa32478199/status/1315415981204807685?ref_src=twsrc%5Etfw

ツイッターではなんと「極主夫道」ではなく「極道主夫」でトレンド入り。これには驚きましたよね。確かに間違えてしまうのもわかります。

ツイッターのトレンドに 「極主夫道」ではなく「極道主夫」でトレンド入りしたのは、原作からのファンだけではなく、ドラマ化したことで新規のファンが増えたからとでしょう。実際に原作からのファンは「極主夫道」でつぶやいています。

「極道主夫」が「極主夫道」でトレンド入りしたのは、たくさんの人がドラマに注目しているということ。改悪といわれる設定も多い問題作ではありますが、話が進んで行くなかで、その設定が生きてくるかもしれませんよ。

まとめ

「面白い!」という声が多いなか「もう見ない!」というファンも続出している、ドラマ極主夫道。原作が愛されている作品ということもあり、ドラマでの設定変更がかなり裏目に出てしまっているようです。

人気のマンガや小説が映像化されると、かならず「原作と違いすぎる」「こんなのやって欲しくない」との声が一定数聞こえますが、この極主夫道は特に、原作ファンの失望が強いようですね。

とはいえ、ドラマ自体はなかなか面白い作品です。原作と比べるとどうしても違和感がありますが、また別の新しい作品として見ると、ドラマも楽しめると思いますよ。役者陣はかなり豪華なので、ぜひドラマもチェックしてくださいね。

10月18日の22:55までTVerで配信中です!

【ドラマ極主夫道】主演の玉木宏さん、【極主夫道実写版PV】主演の津田健次郎さん演じる「伝説の龍」比較画像はこちらからご覧ください。

あわせて読みたい
【ドラマ極主夫道】玉木宏と津田健二郎の画像比較!新ドラマは実写版PVを超える? 大人気コミックス「極主夫道」がドラマ化!主人公の伝説の元極道である龍を演じるのは、玉木宏。しかし極主夫道には津田健次郎のPVも存在します。どちらの龍がよりハマっているのか比較しました。

PR

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

気になるニュースやお役立ち情報をお届けします!

目次
閉じる