甲府市放火犯人|19歳少年の実名を特定!姉と同じ高校に通っていたストーカー

2021年10月12日未明、山梨県甲府市の井上盛司さん宅で起こった放火殺人事件。

犯人である19歳の少年は、深夜に住宅に侵入し、妹を凶器で殴った上、住宅に放火。放火による火事では2人が亡くなっています。

犯人は12日の夜に警察に出頭し逮捕されましたが、未だに実名が報道されていないまま。

ここまで残忍な事件を起こしているにも関わらず、実名が報道されないのは納得できませんよね。

そこで今回は、甲府放火殺人事件の犯人である19歳少年の実名はすでに特定されているのか?くわしく調べました。

10月21日追記】「週刊新潮」に掲載された顔写真と実名はこちら↓↓↓

あわせて読みたい
甲府放火殺人事件の19歳少年の顔写真公開!実名は「遠藤裕喜」と週刊新潮が掲載 甲府放火殺人事件の犯人である19歳少年の顔写真と実名が公開されました。ここでは週刊新潮が記載してた甲府放火殺人事件の19歳少年の顔写真画像とと実名について紹介します。
目次

甲府市放火犯人|19歳少年の実名は?

甲府市の放火事件の犯人である19歳少年の実名は何なのか?なぜ報道されないのか?ネットでは話題になっています。

不法侵入や傷害、放火、殺人という罪を犯した19歳少年。ここまで酷い犯罪を犯しておきながら、実名が特定されないのは納得がいきませんよね。

犯人である19歳少年の実名は、掲示板などでも特定されていないのでしょうか?

甲府市放火犯人|19歳少年の実名を特定!

甲府市の放火事件の犯人である19歳少年の実名は、今のところ特定には至っていません。

19歳ということで現段階では実名報道はされていないようですね。

※【10月21日に実名が公開されました】くわしくは▶️甲府放火殺人事件の19歳少年の顔写真公開

ただ

  • 掲示板には名前が複数上がっている
  • 犯人の19歳少年は被害者姉妹の姉と同じ高校だった
  • ストーカーだった

などの情報が出てきています。

そのため、正確な実名が特定されるのも時間の問題といえそうですね。

ではくわしく見ていきましょう。

掲示板には名前が複数上がっている

甲府市の放火事件の犯人である19歳少年の実名について、匿名掲示板などにはすでに名前が複数上がっています

甲府市放火犯人・19歳少年の実名を特定!実名が出てたけど
出典:bakusai

ただしあくまで憶測の書き込みで、19歳少年や被害者家族のことを直接知っているような人物の書き込みはありませんでした。

今の段階では犯人の実名について決定的なことは言えませんが、そう時間がかからないうちに犯人である19歳少年の名前が具体的に上がってくるのではないでしょうか。

姉と同じ高校に通っていた

甲府市の放火事件の犯人である19歳少年は、被害者姉妹の姉と同じ高校に通っていたことが報道されています。

火事が起こった場所や被害者家族についてすでに報道されている上、同じ高校に通い被害者姉妹の姉と何らかの接点を持っていたであろう19歳の少年

甲府市放火犯人・19歳少年の実名を特定!パトカーがたくさん来ています

地元ではすでに犯人の名前が明らかになっている可能性もありそうですね。

ストーカーだった

甲府市の放火事件の犯人である19歳少年は、ストーカーだったのでは?などとウワサされています。

夜中に顔見知りが住む住宅に侵入していることや、放火の準備をしていたことから、行き当たりばったりの犯行ではないことは確かですよね。

また、匿名掲示板などには「2年ほど前に火事のあった家の前で高校生カップルのような2人がケンカしているのを見た」などという書き込みも。

犯人の19歳少年がストーカーであったという報道は現時点ではありませんが、もしそうなら同じ高校に通っていた人物からの情報などが出てくるかもしれませんね。

甲府市放火犯人|19歳少年の実名は報道はされない?

甲府市の放火事件の犯人である19歳少年の実名は、報道されない可能性があります。

というのも少年法61条により、実名や外見など誰であるかハッキリとわかるような報道が禁止されているのです。

少年法が改正され、18・19歳の少年が刑事裁判にかけられた場合は、その時点で実名や外見などの報道が解除されます。ただし、改正された少年法の適用は2022年4月1日から。

つまり、今後も19歳少年の実名が報道されない可能性があるのです。

深夜に住宅に侵入し、暴力を振るい放火、そして2人死亡。このような犯行を犯しながら、実名が報道されないことには疑問を感じますよね。

甲府市放火犯人|19歳少年の実名報道に対する世間の声

甲府市の放火事件の犯人である、19歳少年の実名報道に対する世間の声を見てみましょう。

少年法により、被害者の実名が晒され、加害者の実名が一切報道されないという矛盾。

旭川いじめ事件でも「被害者より加害者の未来が大切」などといじめを隠蔽していた中学校の教頭が発言していますが、守られるべきは被害者ですよね。

今回の甲府市放火殺人事件も、犯人の19歳少年の未来が守られてしまうのでしょうか?

▶️【旭川いじめ】教頭(中山岳)は現在も教師!今も北星中学校に教頭として勤務

【まとめ】甲府市放火犯人の19歳少年の実名特定は時間の問題

今回は「甲府市放火犯人|19歳少年の実名を特定!姉と同じ高校に通っていたストーカー」として、甲府市の放火殺人事件の犯人である19歳少年の実名特定についてまとめました。

現時点では、甲府市放火犯人の19歳少年の実名特定はされていません。ただ、同じ高校に通っていたなどの具体的な情報が出ているため、実名が特定されるのは時間の問題といえるでしょう。

19歳の少年がなぜこのような事件を起こしたのか、動機などについても気になりますね。

あわせて読みたい
甲府放火殺人事件の19歳少年の顔写真公開!実名は「遠藤裕喜」と週刊新潮が掲載 甲府放火殺人事件の犯人である19歳少年の顔写真と実名が公開されました。ここでは週刊新潮が記載してた甲府放火殺人事件の19歳少年の顔写真画像とと実名について紹介します。
あわせて読みたい
甲府市火事の犯人の高校は山梨県立中央高校!定時制で10月文化祭、将棋クラブも存在 山梨県甲府市蓬沢で起こった火事は放火で、犯人である19歳の少年が逮捕されました。犯人の19歳少年は火事で亡くなった井上盛司さんの長女と同じ高校に通っていたとのこと。ここでは甲府火事の犯人の少年が通っていた高校はどこなのか徹底的に調べました。

PR

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

気になるニュースやお役立ち情報をお届けします!

目次
閉じる