甲府放火殺人事件の19歳少年の顔写真公開!実名は「遠藤裕喜」と週刊新潮が掲載

甲府放火殺人事件の19歳少年の顔写真公開!実名は「遠藤裕喜」週刊新潮に掲載された画像

2021年10月21日発売の「週刊新潮」に、甲府放火殺人事件の犯人である19歳少年の実名と顔写真が掲載されていることが判明しました。

実際にどのような名前が記載されているのか、顔写真も気になりますね。

そこで今回は、「週刊新潮」で掲載された、甲府放火殺人事件の犯人である19歳の少年の実名と顔写真についてまとめました。

目次

甲府放火殺人事件の19歳少年の実名と顔写真を週刊新潮が公開

甲府放火殺人事件の犯人である19歳少年の、実名と顔写真を「週刊新潮」が公開しました。

放火や殺人など死刑になってもおかしくない罪を犯しているにも関わらず、少年法により実名や顔写真が一切公開されていなかった犯人の19歳少年。

世間では甲府放火殺人事件は事件が起きた当初から、実名報道や顔写真の公開を求める声が多く上がっていました。

週刊新潮編集部は「犯行の計画性や結果の重大性に鑑み、容疑者が19歳の少年といえども実像に迫る報道を行うことが常識的に妥当と判断した」とのコメントを出した。

引用:KYODO

甲府放火殺人事件の犯人である19歳少年の顔写真、いったいどのような顔をしているのでしょうか?

甲府放火殺人事件の19歳少年の顔写真公開!

甲府放火殺人事件の19歳少年の顔写真が公開されたのは、2021年10月21日発売の「週刊新潮」です。

いったいどのような顔写真が公開されているのでしょうか?

19歳少年の顔写真

甲府放火殺人事件の19歳少年の顔写真はこちら。

甲府放火殺人事件の19歳少年の顔写真公開!19歳少年の中学校の卒業アルバムの時の顔写真

モザイクをかけていますが、顔立ちがハッキリと分かりますね。

この画像は中学校時代の卒業アルバムのもののようです。

実名は遠藤裕喜

甲府放火殺人事件の19歳少年の実名は遠藤裕喜のようです。

甲府放火殺人事件の19歳少年の顔写真公開!「週刊新潮」に記載された顔写真
甲府放火殺人事件の19歳少年の顔写真公開!実名は「遠藤裕喜」と週刊新潮が掲載
出典:Twitter

13日の未明、井上さんの次女への傷害容疑で逮捕されたのは遠藤裕喜容疑者(19)

掲示板などではさまざまな名前が飛び交っていましたが、やはり犯人とは全く関係のない情報が多かったようですね。

被害者の長女と同じ定時制高校に通い、生徒会でも一緒に仕事をしていたという遠藤裕喜容疑。

生徒会長へは自ら立候補したそうですが、それも長女に近づくためだったのかもしれません。

父親は窃盗で逮捕歴あり・両親は離婚

「週刊新潮」の表紙には、甲府放火殺人事件の19歳少年の父親は、窃盗で逮捕歴があり、両親は離婚しているとのこと。

甲府放火殺人事件の19歳少年の顔写真公開!19歳少年の父親は窃盗で逮捕され両親離婚
出典:Twitter

また不登校であったことなども記載されています

犯人である遠藤裕喜はかなり波乱に満ちた幼少時代を過ごしていたのかもしれません。

また不登校であったことも掲載されていますね。定時制高校に通うきっかけは不登校だったからなのか、このあたりも今後くわしく報道されるのではないでしょうか。

甲府放火殺人事件の19歳少年の顔写真公開に対する世間の声

甲府放火殺人事件の19歳少年の顔写真公開に対する世間の声の多くは、顔写真と実名の公開を支持しています。

死刑になる可能性の高い重大な犯罪を犯したのだから、実名報道は許容されるべき。

同じ高校の無関係な生徒が犯人扱いされているそうなので、これで無関係な人への被害が止む。

引用:Yahoo

18歳以上は選挙権があるし成人とする法改正がなされているんだから全く問題ない。

引用:Yahoo

酒鬼薔薇の時もそうでしたが、社会を震撼させた事件には、これくらいいいんじゃないんですか?

しかも19ですよ?最低限の物事の分別は付くはず。

引用:Yahoo

こんな極悪な犯罪をおかしていて19歳もなにもないだろう。重大犯罪をおかした人間は年齢に関係なく実名と顔写真を公開すべき。

引用:Yahoo

殺害や放火理由が身勝手な上に 同情の余地がないし、

犯行内容も悪質だから 既に顔写真も名前も公開して良いレベル。

引用:Yahoo

少年法により、現時点では顔写真や実名が報道されないはずだった19歳少年。

「週刊新潮」の顔写真や実名公開に対して「山梨県弁護士会」が講義をしているようです。

ただ、世間的にはなぜ被害者たちの写真が公開され、加害者が公開されないのか?という声の方が圧倒的に大きいのではないでしょうか。

【まとめ】甲府放火殺人事件の19歳少年の顔写真と実名

今回は「甲府放火殺人事件の19歳少年の顔写真公開!実名は遠藤裕喜と週刊新潮に掲載」として、週刊新潮が掲載した甲府放火殺人事件の19歳少年の顔写真や実名についてまとめました。

週刊新潮が掲載した甲府放火殺人事件の19歳少年の顔写真や「遠藤裕喜」という実名もすでにネットに出回っています。今後、さらに具体的な情報が出回るのではないでしょうか。

あわせて読みたい
甲府市火事の犯人の高校は山梨県立中央高校!定時制で10月文化祭、将棋クラブも存在 山梨県甲府市蓬沢で起こった火事は放火で、犯人である19歳の少年が逮捕されました。犯人の19歳少年は火事で亡くなった井上盛司さんの長女と同じ高校に通っていたとのこと。ここでは甲府火事の犯人の少年が通っていた高校はどこなのか徹底的に調べました。
あわせて読みたい
甲府火事犯人の動機はラインでやり取りできなくなったから!一方的な好意による犯行 山梨県甲府市蓬沢で起こった甲府放火殺人事件の犯人である、19歳少年。ここでは甲府火事の犯人の動機についてくわしくまとめました。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

気になるニュースやお役立ち情報をお届けします!

目次
閉じる