甲府火事犯人の動機はラインでやり取りできなくなったから!一方的な好意による犯行

甲府火事犯人の動機はラインでやり取りできなくなったから!一方的な好意による理不尽な犯行

2021年10月12日未明に山梨県甲府市蓬沢で起こった「甲府放火殺人事件」。

犯人は次女を殴り井上盛司さん夫婦を刺殺した上で、家に放火。複数の刃物を用意し、放火のための燃料も持参していたようです。

さらに、井上さんの長女と顔見知りだったという犯人の19歳少年

事件を起こした動機とはいったい何なのでしょうか?

そこで今回は、山梨の甲府火事犯人の動機についてまとめました。

目次

甲府火事犯人の動機は何?

甲府火事犯人の動機は何なのか?ネットではさまざまな声があがっています。

甲府火事犯人は被害者家族の長女と同じ学校に通っており、顔見知りとのこと。

そのことから、井上さん宅を狙った犯行であることが分かりますよね。

世間では

  • ストーカーだったのでは?
  • 一方的に好意を寄せていたのでは?
  • 逆恨みでは?

などとウワサされていますが、犯人の動機とはいったい何なのでしょうか?

甲府火事犯人の動機はラインでやり取りできなくなったから!

甲府火事犯人の動機は「ラインでやり取りができなくなったら」ということが判明しました。

また、犯人である19歳少年も一方的に好意を抱いていたことを自覚していたようです。

ではくわしく見ていきましょう。

ラインでやり取りができなくなったから

甲府火事犯人の動機は「ラインでやり取りができなくなったから」という具体的な出来事がキッカケになっているようです。

夫婦の長女について「LINEでやり取りができなくなった」などと供述していることが、捜査関係者への取材でわかった。

引用:朝日新聞デジタル

具体的にどのような状況でラインのやり取りができなくなったのかは分かりませんが、犯人が長女の両親を刺殺していることから「親に反対されていた」もしくは「親に反対されていたと思いこんでいた」可能性がありそうです。

動機については、これからさらに具体的な情報が出てきそうですね。

たったこれだけのことで?と思ってしまいますが、犯人にとっては一大事だったのかもしれませんね。だからといって、殺人を犯し家に放火する理由にはなりません。

一方的に好意を抱いていたことを自覚していた

甲府火事犯人は動機とは別に、一方的に好意を抱いていたことを自覚していたようです。

文春オンラインによると「一方的に好意を抱いていたが、思い通りにならず家に侵入した」など供述していたようですね。

少年は長女が通う高校の出身で、面識があった。取り調べに「一方的に好意を抱いていたが、思い通りにならず家に侵入した」などと供述しているという。ただ、長女へのストーカー行為などの相談はこれまでに確認されていない。

引用:文春オンライン

一方的に好意を抱いているという自覚がありながら、冷静さを保てなかったのでしょうか。

自分の思い通りにならなかっただけで、家に侵入してしまう感覚は恐ろしいですね。

気になるのは、家に侵入して具体的に何をしようとしていたのか。

最初から両親を殺害し放火するつもりだったのか、長女に対して何かする気があったのか。この辺りは、今後捜査が進めば明らかになりそうですね。

ストーカー行為はなかった

甲府火事犯人の動機が「ラインがでやり取りできなくなったから」と聞くと、やはりストーカーだったのでは?と考えてしまいますが、これまでにストーカー行為はなかったと報道されています。

長女へのストーカー行為などの相談はこれまでに確認されていない。

引用:文春オンライン

ただ、どこからどこまがストーカー行為なのかは、判断が難しいところですよね。

長女にはストーカーされているという自覚はなかったけれど、側から見るとストーカーでは?と思うような行動もあったかもしれません

この辺りも今後捜査が進むにつれて明らかになるのではないでしょうか。

それにしても、一方的に行為を持たれラインでやり取りができなくなったからといって、両親を殺害され家を燃やされてしまうとはあまりにも理不尽過すぎます。

甲府火事犯人の動機に対する世間の声

甲府火事犯人の動機に対する世間の声を見てみましょう。

一方的に好意を抱いている女性とLINEができなくなったからといって、放火や殺人を犯してしまった犯人。

自己中心的な犯行に及んだ19歳の犯人は今後、どのように捌かれるのでしょうか。

山梨県で起きた甲府放火殺人事件はまだ捜査をしている段階です。これからさらに具体的な犯行理由などが出てくるかもしれませんね。

▶️甲府放火殺人事件|犯人19歳少年の顔画像!イケメンでモテモテだった?

【まとめ】甲府火事犯人の動機はラインでやり取りできなくなったから!

今回は「甲府火事犯人の動機はラインでやり取りできなくなったから!一方的な好意による犯行」として、山梨県甲府市蓬沢でおきた火事犯人の動機は何なのか、くわしくまとめました。

現時点で報道されている内容によると、甲府火事犯人の動機は「ラインでやり取りができなくなったから」とのこと。しかも、一方的に好意を寄せていることを自覚しながらの犯行です。

あまりにも理不尽で一方的な犯行の裏には、まだ隠されている何かがあるかもしれません。引き続き捜査の進展が気になるところですね。

あわせて読みたい
甲府放火殺人事件の19歳少年の顔写真公開!実名は「遠藤裕喜」と週刊新潮が掲載 甲府放火殺人事件の犯人である19歳少年の顔写真と実名が公開されました。ここでは週刊新潮が記載してた甲府放火殺人事件の19歳少年の顔写真画像とと実名について紹介します。
あわせて読みたい
甲府市火事の犯人の高校は山梨県立中央高校!定時制で10月文化祭、将棋クラブも存在 山梨県甲府市蓬沢で起こった火事は放火で、犯人である19歳の少年が逮捕されました。犯人の19歳少年は火事で亡くなった井上盛司さんの長女と同じ高校に通っていたとのこと。ここでは甲府火事の犯人の少年が通っていた高校はどこなのか徹底的に調べました。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

気になるニュースやお役立ち情報をお届けします!

目次
閉じる