東大前事件犯人の名前や顔画像の特定情報!東海高校2年17歳少年の犯行動機がヤバい

2022年1月15日の午前8時過ぎ。東京都文京区の東京大学前の路上にて、3人が刺傷され、名古屋在住の17歳少年が殺人未遂の容疑で現行犯逮捕され話題になっています。

また、17歳の少年は刺傷事件を起こす前に東京メトロ東大前駅で放火もしていたといいます。

大学入学共通テストが行われる直前の凶行。逮捕された17歳の少年とは、いったいどのような人物なのでしょうか?

そこで今回は、東大前刺傷事件を起こした犯人である17歳少年の顔画像や名前など、現在特定されている情報についてまとめました。

目次

東大前事件の犯人は名古屋在住の17歳高校生

東大前刺傷事件の犯人は名古屋在住の17歳の高校生。

事件当初は受験生だったなどの情報も流れていましたが、逮捕された少年は名古屋在住の17歳の高校生で、受験生ではなく事件を起こすために上京していたことが分かっています。

事件の現場となったのは、東京大学の弥生キャンパスにある農学部の正門前付近です。

3人が刺傷

東大前事件では3人が刺傷され、うち2人が受験生、ひとりは70代の男性と報道されています。

高校生2人は軽症、72歳の男性は重症。事件直後には3人とも命に別状はないと報じされていました。

大学入学共通テストの直前に起こった今回の事件、犯人の名前や顔画像などはすでに特定されているのでしょうか?

東大切り付け犯人の名前や顔画像は?

東大切り付け犯人の名前や顔画像などのくわしい情報は、今の段階では出ていません。

ただ、東大切り付け犯人は未成年のようです。

東大切り付け犯人は17歳の高校生(受験生)

東大切り付け犯人は17歳の高校生(受験生)と報道されています。

また、大学入学共通テストを受験しにきた受験生が、なぜ刃物で切りつけるような事件を起こしたのでしょうか?

切り付けた動機は受験生同士のトラブル

東大切り付け犯人が刃物で切り付けた動機は、受験生同士のトラブルということです。

具体的にどのようなトラブルがあったのかは分かりませんが、刃物を所持していること自体がおかしいですよね。

東大切り付け犯人は東京メトロで放火もしていた

さらに、東大切り付け犯人は、東京メトロにて放火もしていたとのこと。

報道によると、1月15日の午前8時20分過ぎ、東京メトロ東大前駅にて爆竹がまかれた情報があるとのこと。

大学入学共通テストの実施会場の東大本郷キャンパス敷地内で受験生とみられる高校生らが刺された事件で、殺人未遂容疑の現行犯で逮捕された少年(17)が「駅に火をつけた」などと供述していることが捜査関係者への取材で分かった。少年も受験生とみられるという。

東京メトロによると、東大前駅で15日午前8時20分すぎに、爆竹がまかれたという情報があるという。警視庁が関連を調べている。

引用:yahoo

切り付けだけでなく、放火もおこなっていたという犯人。

受験会場での切り付けも、たまたまたトラブルが起こったのではなく、最初から騒ぎを起こす目的で受験に参加したのかもしれませんね。

東大切り付け犯人の名前や顔画像は今後流出する可能性も

東大切り付け犯人の名前や画像は今後流出する可能性もありそうです。

大学入学共通テスト会場である東京大学の本郷キャンパスでは、約3700人が受験する予定だったといいます。

ただ、事件が起こった東京大学の本郷キャンパスでは約3700人が受験する予定だったといいます。

東大切り付け犯人がどのようなタイミングで事件を起こしたのかは分かりませんが、現場を目撃した受験生も存在するのではないでしょうか。

もしかすると、今後SNSなどで犯人の情報が流れるかもしれません。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

気になるニュースやお役立ち情報をお届けします!

目次
閉じる